喪中の正月料理はどうするべき?過ごし方の注意点は?

喪中

冠婚葬祭の中でも、意外と知らないことが多いのがお正月の過ごし方です。
皆さんの中にも「こういう場合はどうなのか?」と迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、喪中の際のお正月料理に関してどうすればいいのか、その他喪中の際のお正月の過ごし方についてまとめていきたいと思います。


お正月のおせち料理について

喪中の時のお正月料理

お正月のおせち料理については、地域や人によって異なるのが実情です。
忌中(49日の法要が終わるまで)であればおせちは食べませんが、49日の法要が終わっているのであればおせちを食べるという方もいます。
その場合は重箱を避けたり、海老や鯛は入れずに精進料理のようにしたりしている家庭が多いようです。

 

今でも、喪中であればおせちは用意しないという家庭もあるので、そのような家庭ではお正月も普段通りの料理を食べています。
そのあたりは自由なので、各地域・個人に合った料理を用意すれば問題ありません。

 

その他、喪中には慎むべきこと

喪中の時のお正月飾り

喪中に慎むべきこととしては、しめ縄や門松といった正月飾りがあります。
また、お屠蘇も控えることとされており、鏡餅も地域によっては飾らない地域があります。

 

また、新年の挨拶も行いません。
喪中であることを知らない人は、「あけましておめでとうございます」と言われることもあると思うので、その場合は普通の挨拶で返した後に、「本年もよろしくお願いします」と返すのが無難です。

 

喪中の家庭からは年賀欠礼を伝える挨拶状を送るので、年賀状は送りません。
ただ、喪中はがきを送っていなければ、年賀状が届くこともあるので、そういった場合は寒中見舞いとして年賀欠礼の旨を伝えるのがマナーです。

 

その他、初詣については、一般的に仏閣は可能ですが、神社は避けたほうがいいと言われています。
ただ、神社によっては50日経過していれば参拝してもいいという考え方もあるので、そのあたりは最寄りの神社に確認されることをおすすめします。

 

最後に、お年玉については、本来なら控えるのがマナーです。しかし、あげてはいけないというわけではありません。
お年玉は新年に渡すものなので、お年玉以外の言葉を書いて渡すことで、喪中であることを伝えてから渡せば大丈夫です。

 

ただし、しきたりに厳しい親戚がいると、トラブルになることもあるので、先に確認してから行ったほうが無難です。